買電と売電がゼロになることも考えられる

太陽光発電で作られた電気を売って丸々それが利益になることは無かったとしても、多少なりの収益を出すことは出来ます。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。

 

太陽光発電を設置する時に余裕のあるシステムを搭載しておくことで、買電と売電の差が0円となることはよくあります。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。
電池モジュールを搭載していることから、毎月最低これだけの儲けが見込めるという計算は確かに出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。 最近になって売電という言葉を頻繁に聞くようになり、売電貯金と呼ばれる節約方法を実践している人が多くいます。
毎月売電をしたお金が振込されますので、コツコツと貯めていく喜びも実感することが出来るでしょう。





定年退職 記念品、今すぐ
定年退職 記念品のコツ
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/


買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:2017年08月18日

わたくしが幼稚園に入園した日、
忘れられない思い出がある。

新しいカバンに、新しい遊び着、新しいお道具箱…と揃った中に、
ただひとつ、母親が手作りしてくれたものがあった。
それは「ひよこの座布団」。

当時、園児は全員座布団を使用していた。
そのほとんどは集団購入したもので、
デザインはたしか、
男の子は青、女の子は赤色、
厚さが三、四センチはありそうなふかふかとしたもので、
座面には可愛らしいひよこのアップリケが施されていた。

みんなとは異なる座布団は、クラスでわたくしただ一人。
色は小豆色、薄っぺらでざらざらとした手触りで、
園児が使うにしては、なんとなく違和感があった。

わたくしは母親に泣きついた。
「わたくしもみんなと同じ、かわいいひよこのついた座布団が欲しい」

母親はその座布団に
ひよこのアップリケをつけてくれたが、
それでもわたくしの気分はすぐれなかった。

わたくしの座布団はとても目立ったので、
わたくしは隠すように急いで席についた。

早く汚れて新しい座布団を買ってもらおうと、
わざと乱暴に扱った。

しかし、他のお子様のアップリケは次々とはがれていくなか、
母親が手作りしてくれたわたくしの座布団は悲しいくらいに頑丈で、
びくともしないまま、卒園を迎えた。

少し成長して、中、高校生になり、
わたくしは家庭内の状況がわかる年頃になった。

我が家は一家の収入を母親に頼っていた時期があった。
それはどうやらわたくしが幼稚園に通っていた頃と重なるようである。

わたくしは「手作りの座布団は経済的に苦しかったからか」と納得し、
その当時も使っていた、
母親が作ってくれた
ひよこの座布団を好意的にとらえられるようになっていた。